地上にMG/MT/MXを、そして全員経営を

MQ会計

 利益拡大の科学」をめざして西順一郎が昭和40年代に企業内で開発した管理会計「戦略会計」の手法。ベースに、会計恒等式とDC(直接原価)+LP(線型計画法)をもつ。

 原価には「DC」(直接原価)と「FC」(全部原価)の二種があるが、商業が使っているDC(直接原価)に対して、メーカーが税法やその他で義務づけられているFC(全部原価)は、世の中で主流になっている。

 ところが、FC(全部原価)は、材料費だけでなく、固定費を配賦しているため、数量が倍になると、固定費の負担が半分になるなど、非線型性をもつ。このため、意思決定や将来の予測、経営計画等に錯覚・勘違いをもたらす。

 その点、固定費を配賦しないDC(直接原価)は、単純なので、原価のマジックをおこすことがない。

 このDC(直接原価)に「LP」(線型計画法)をプラスして、かつ簡素化したSTRACは「要素法」であり、「企業方程式」で表され、「利益感度」が利用できる。ビジネスマンとして、最低限理解しておきたい利益拡大の手法である。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
MGジュニア マイツール経営 MGシニア MQ会計2 マトリックス会計 レディ―スMG 子供MG

最近のコラム

MG教科書A(復刻版)のご案内


ご購入をご希望の方は、Tel、Faxでご連絡ください。
Tel : 03-3450-7085
Fax : 03-3450-7086

PAGETOP
Copyright © 株式会社西研究所 All Rights Reserved.